-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-11-30 11:00 | カテゴリ:CB750RC42
CB750RC42が先日1000kmを突破し、やっと慣らし運転が終了しました\(^o^)/
CIMG0440.jpg


で、ココ1週間は片道約20km途中約8kmの峠道のある通勤に多用し、
ガンガンエンジンを回してみました^^;


そこで、
勝手にCB750RC42インプレッション!




外装
DSC03435.jpg
そのオーソドックスなルックスは物足りなさを感じさせそうではあるが、
見飽きることが無く、何故か「ほっと」するデザイン。



エンジン
CIMG0443.jpg
トルクフルなエンジンは低回転から高回転までクセのない動きをします。
5速のまま1500rpmまで落としてもノッキングやシャックリ感がなく、
しかもそのままアクセルを開けても実にスムーズな加速を生みます。
大変取り扱い易いエンジンです。
しかし、75PSの馬力は昨今のバイクからすると数字的には弱いが、そこはやはり「ナナハン」。
アクセルをあけると暴力的な加速を体感できます。

エンジン音はとても静かで、空冷・キャブらしくいい意味で機械的な音で「バイクに乗っている」
と言う意識を常に感じさせてくれます。



乗り心地
DSC03433.jpg
柔らかめなサスペンションのおかげで、待ち乗りではやさしく、
コーナーの多い峠ではそのしなやかなフレームの恩恵でスムーズにラインに乗ってくれます。  
自分のライテクが向上したと錯覚させるほどの乗り易さです。
特に3000rpmでの巡航運転では、「魔法の絨毯のようだ」というコメントを雑誌等で読んだ記憶がありますが、決して過剰な表現ではないことを確認できます。


燃費
CIMG0439.jpg
慣らし運転中は17kmほどでしたが、ココ最近は19kmほど(通勤が主)
ツーリングであれば20km/L以上も可能かな!?


モリワキショート管マフラー
CIMG0441.jpg
私が高校のとき、大学に進学した先輩がショート管を付けたZ400FXでよく、部活の指導に来てました。
ショート管はヤンキー的なイメージを持ちますが、そのFXが実にカッコよく
そのショート管の乾いた音に憧れたものでした。
なので、40歳過ぎた今でもその憧れがあり・・・・このマフラーにしました。
音量は車検対応なので静か目。でも、アクセルを回すたびに聞こえる乾いた音は
いつでも高校時代にタイムスリップさせてくれます。
実際にバイクを運転すると4000~5000rpmではノーマルマフラーに無い
実に良い吹き上がりを体感できます。
  



まあ、良い事ばかり書かせていただきましたが、「収納スペースが皆無に等しい」とか
「メットホルダーが使い辛い」とか「燃料計がない」とか・・・・・悪い・不便な点ももちろんあります。
特に「K」でも「F」でもないこのRC42のCB750は「教習車!」のイメージが払拭出来ず
「メジャーになりきれない名車」です。
しかし、このバイクの良さは乗って・所有して始めてわかります。
(まあ、他のバイクもそうなんでしょうけどね^^;)

私はこのバイクに出会えて本当に良かったと思います。
「一生の相棒」として大切にしていきたいです。

なお、今回に記載したコメントはあくまでも個人的な感覚での意見です。
このバイクに「惚れた弱み」でかなりかたよった内容になってます。
そこはひとつ、個人のブログと言う事でお許しください!

以上、勝手にインプレでした!!
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://waraibito.blog12.fc2.com/tb.php/44-24d08056
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。